当クリニックの睡眠検査は「終夜睡眠ポリグラフ検査」と「タイトレーション検査」があり、検査につきましては1泊2日の入院検査となり、検査はすべて個室にて行います。
尚、検査は夜間に行いますので翌日の仕事などにも支障は無く、痛みも伴いませんのでお気軽に受けて頂けます。





終夜睡眠ポリグラフ検査

睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療法などを決定するために必要な検査です。一晩の脳波、眼球運動、呼吸運動、心電図、酸素飽和度、脚の動き、いびきなどを見るためのセンサーを装着して寝ていただきます。装着時は痛みも無く、寝返りも可能です。装着には1時間程かかりますが、ベッドにお座りになり、リラックスした状態で受けられます。この検査で、睡眠の質や無呼吸の有無などを解析・診断致します。

タイトレーション検査

睡眠呼吸障害の治療方法に効果のあるCPAP療法を行う際の検査となります。睡眠時無呼吸症候群と診断され、CPAP療法を行うのにあたって、患者様に最適な圧を決める検査です(前回のPSG同様にセンサーを装着し、その上からマスクをします)。タイトレーション検査後、翌日からCPAPをお使い頂けます。
 
睡眠潜時反復テスト(MSLT検査)


MWT検査











後日、診断結果をお知らせします。睡眠時無呼吸症候群の症状が見られた方には、症状に合わせた治療法や生活習慣の改善法をお勧めします。

検査を終えた朝までに、CPAP装置の設定が完了しています。検査技士からCPAP装置の説明を聞き、そのままCPAP装置をお持ち頂けます。






睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)およびCPAPタイトレーション検査とも検査費用は健康保険適用となりますが、別途施設使用料として各室1,500円を徴収させていただきます。


保険適用
保険適用外(自費)
合計
基本検査費用
施設使用料
PSG検査
(3割負担)
約 13,500円
1,500円
約 15,000円
CPAP検査
(3割負担)
約 18,500円
1,500円
約 20,000円

上記入院費用は、入院初日の来院受付時に会計窓口にて先払いとなります。なお、血液検査、心電図検査、肺機能検査、胸部レントゲン等(別費用)を必要に応じて行う場合があります。その際の追加検査費用は、入院時または次回来院時にご精算していただきます。

以上、入院に先立ちご了承いただきますようよろしくお願い申し上げます。